GRAFFITY・MESON・ENDROLLが、世界最大ARコミュニティ「AWE」の東京支部 「AWE Nite Tokyo」を共同設立。

GRAFFITY・MESON・ENDROLLが、世界最大ARコミュニティ「AWE」の東京支部 「AWE Nite Tokyo」を共同設立。
ARイノベーションをスタートアップ3社が牽引

Graffity株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森本 俊亨、以下 GRAFFITY)と株式会社MESON(本社:東京都渋谷区、代表取締役:梶谷 健人、以下 MESON)と株式会社ENDROLL(本社:東京都品川区、代表取締役:前元 健志、以下 ENDROLL)の3社で、世界最大ARコミュニティ「AWE」の東京支部 「AWE Nite Tokyo」を設立しました。

AWE Nite Tokyoの代表として、GRAFFITYの斉藤が就任し、オーガナイザーとしてGRAFFITYの森本、MESONの梶谷と小林、ENDROLLの前元と大島が就任しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/29595/4/resize/d29595-4-936493-0.jpg ]


■ AWEについて

[画像2: https://prtimes.jp/i/29595/4/resize/d29595-4-502591-1.png ]


AWE (Augmented World Expo)は、アメリカ、アジア、イスラエル、ヨーロッパで定期開催されている、世界で最大のAR / VRカンファレンス・EXPOです。
様々な領域で活躍するXR業界のトップランナーが一堂に会し、見て・触れて・学ぶことによる発見やパートナーシップに繋がる機会を提供します。
また、定期開催のイベントだけでなく、世界各地にAWE Niteと呼ばれるローカルコミュニティが存在しており、ミートアップを定期開催しております。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。