<事後レポート>5月14~20日は「ギャンブル等依存症問題啓発週間」大学生を対象にした特別セミナー「ギャンブル依存症の現状と診断・治療」全国公営競技施行者連絡協議会が初の特別セミナーを開催

<事後レポート>5月14~20日は「ギャンブル等依存症問題啓発週間」大学生を対象にした特別セミナー「ギャンブル依存症の現状と診断・治療」全国公営競技施行者連絡協議会が初の特別セミナーを開催
2019年5月17日(金)東洋大学 白山キャンパス 13:00~ 東洋大学の学生257人が受講 

全国公営競技施行者連絡協議会は、ギャンブル等依存症対策基本法(2018年10月5日施行)で定められた「ギャンブル等依存症問題啓発週間」(5月14~20日)における初の取り組みとして、5月17日(金)、東洋大学 白山キャンパスで大学生を対象にした特別セミナーを実施しました。

今回の特別セミナーでは、日本中央競馬会 総合企画部 経営企画室 木村幸樹による「ギャンブル等依存症対策基本法と公営競技」についてのガイダンスのあと、よしの病院 精神科専門医 河本泰信 副院長が「ギャンブル等依存症の理解と対応」について学生たちに講義を展開。「熱中と習慣と依存はどう違うの?」「何を根拠に診断するの?」「全国には何人ぐらいいるの?」「その中で治療が必要な人はどんな人?」「どんな症状に介入すれば良いの?」「簡単に介入できる方法はあるの?」「結局のところ 困ったときはどうすればいいの?」と7つのテーマでギャンブル依存症の現状と診断・治療について語りました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/44948/1/resize/d44948-1-168380-0.jpg ]

          日本中央競馬会 総合企画部 経営企画室 木村幸樹

<ギャンブル等依存症問題啓発週間 特別セミナー 開催概要>


開催場所:東洋大学 白山キャンパス 1号館 1101教室

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。