インキュベイトファンド、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner(リーナー)」に出資

インキュベイトファンド、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner(リーナー)」に出資
~不確実性を増す令和新時代のビジネス環境に、より"Leaner(=筋肉質)"な企業を増やすことを目指す~

創業期に特化した独立系ベンチャーキャピタル「インキュベイトファンド(東京都港区、代表パートナー:赤浦徹、本間真彦、和田圭祐、村田祐介 )」が、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner(リーナー)」への出資を実施致しました。

Leaner:https://leaner.jp/
Leanerからのプレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000044088.html
[画像1: https://prtimes.jp/i/5647/26/resize/d5647-26-463887-0.png ]


Leanerの事業について
同社は、無駄なコストを見える化・削減するクラウド型ソフトウェア「Leaner(リーナー)」を、すべての企業・経営者・購買担当向けに展開する企業です。現在ブラックボックスとなっている、200兆円にのぼる間接費市場の見える化及び削減を通して、企業のより筋肉質な経営基盤を構築することを手助け致します。

Leaner設立の背景
代表の大平氏は、前職のA.T. Kearney株式会社在籍時、主にコスト改革や事業戦略策定のプロジェクトを担当する中、国内企業のコスト感度の低さ、危機感のなさを目の当たりにし、マーケット全体の問題として認識いたしました。企業が非連続的な成長を遂げるためにも、従業員がよりクリエイティブな仕事に従事するためにも、コスト感度向上と、コスト削減による筋肉質な(Leaner)企業への変革が必要であると考えたのがきっかけで、当社を立ち上げました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。