TOEFL(R)テスト体験の向上を目指したテスト変更のお知らせ

~MyBest(TM)スコアの導入とテスト時間の短縮など各変更について~

米国ニュージャージー州プリンストン発(2019年5月22日現地時間) -  米国の非営利教育団体である Educational Testing Service(本部:米国ニュージャージー州、以下 ETS)が作成するTOEFL iBT(R)テストは、受験者のテスト体験をより高めるため、2019年8月1日以降に実施される試験より、テスト形式とスコアレポートを一部変更し、申込方法も簡易化します。

まず、TOEFL(R)テストの時間が従来の時間より30分短縮され、3時間となります。リーディング、リスニング、スピーキングの各セクションの設問数がそれぞれ削減されますが、テスト形式全般または設問のタイプに変更はなく、これまでと同様、公平性、信頼性を備えた推奨されるテストであることに変わりありません。

スコアレポートの変更として、MyBest™スコアという表示方法が導入されます。MyBestスコアは、受験者の過去2年間の有効なTOEFL iBTスコアから抽出された各セクションの最高スコアが表示され、それら最高スコアの合計点も表示されます。MyBestスコアの導入により、受験者は入学審査を行うスコア受取団体に、過去2年間に受験した各セクションの最高スコアとその合計点を提示することができるようになります。2019年8月1日以降に送付される全てのTOEFL iBTスコアレポートには、各テスト日の試験結果とMyBestスコアが両方自動的に表示されます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月23日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。