デンソー製車両周辺監視システムにイーソルの機能安全リアルタイムOSが採用

~ 安全性を担保するセーフティメカニズムの構築を支援 ~

イーソル株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:長谷川 勝敏、以下イーソル)は、株式会社デンソー(以下、デンソー社)が開発した車両周辺監視システムに、イーソルの機能安全対応マルチコアプロセッサ向けリアルタイムOS「eT-Kernel MCE(Multi-Core Edition)」を中核とするソフトウェアプラットフォーム(以下、eTK MCEベースプラットフォーム)が採用されたことを発表します。eTK MCEベースプラットフォームに加え、イーソルの機能安全対応における豊富な知識や経験に基づくセーフティメカニズムの構築を支援するサービスを提供しました。これにより、厳しいリアルタイム性や高い品質が求められる車両周辺監視システムの開発において、機能安全に対応した優れた安全性・信頼性の確保に貢献しました。

デンソー社が開発した車両周辺監視システムは、高精度のカメラ映像および画像処理技術の組み合わせにより、車両周辺に搭載されたカメラの画像を合成し、鮮明な映像と高い検知機能を提供するシステムです。

eT-Kernelは、機能安全規格ISO 26262(自動車)および IEC 61508(産業機器)ともに最高の安全度水準(ASIL D 、SIL 4)のプロダクト認証の取得実績を有しています。また、イーソルのリアルタイムOS製品の開発プロセスは、医療機器向け安全規格IEC 62304に準拠していることが認証された実績を有しています。eBinder(R)は、ISO 26262/IEC 61508で規定されている要件を満たす手順で開発されている信頼性の高い開発環境です。さらに、eT-KernelおよびeBinderユーザ向けに、イーソル製品を使ったユーザシステムでの機能安全実現に関わる情報やエビデンスが含まれる、セーフティ・マニュアルやセーフティ・レポートなどをパッケージにした「eT-Kernel Safety Package」を提供しています。イーソルは、ユーザが自社製品の開発および機能安全規格への対応実現に注力できるよう、ユーザのニーズに合わせた機能安全対応を包括的にサポートします。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年5月28日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。