〈若手社員のゴールデンウィークにまつわる実態と転職意向に関する調査〉6月病到来!気になる若手社員の動向は? ゴールデンウィーク中、若手社員の約2人に1人が転職を意識する結果に

〈若手社員のゴールデンウィークにまつわる実態と転職意向に関する調査〉6月病到来!気になる若手社員の動向は? ゴールデンウィーク中、若手社員の約2人に1人が転職を意識する結果に
拡大する(全1枚)
~転職意向がある人は転職意向がない人に比べ、連休中の出費は約2倍!?~

既卒・第二新卒など20代に特化した就転職支援サービスを手掛けるブラッシュアップ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 代表:秋庭洋)は、全国の22~25歳の会社員の男女400名を対象に、2019年5月4日(土)~ 2019年5月5日(日)の期間にて「若手社員のゴールデンウィークにまつわる実態と転職意向に関する調査」を行いました。

 2018年10月、厚生労働省が2015年3月に高校・大学等を卒業後就職した新卒者の離職状況を発表したところ、高卒者の39.3%、大卒者31.8%が卒業後3年以内に離職していることが分かり、若手社員の早期離職の現状が浮き彫りとなりました。*
また、改元の影響により史上最長となった今年度のゴールデンウィークではその影響を受け、『退職代行サービス』のニュースが取り上げられるなど、注目が集まりました。
今回の調査ではこのような現状を踏まえ、具体的にゴールデンウィークに誰とどこで何をしたかによって転職意向が高まるのか調査いたしました。
*2018年10月23日厚生労働省発表「新規学卒就職者の離職状況」参照

調査結果の要旨は以下の通りです。

■調査サマリー
トピック1.若手社員のゴールデンウィークの過ごし方は?若手社員の実態調査
若手社員の59.8%がゴールデンウィーク中「父親・母親」と過ごしており、行動としては46.3%が「買い物に行く」と回答。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク