AKA株式会社、株式会社学研プラスとともに山口県宇部市内の市立小学校に英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)を導入拡大

AKA株式会社、株式会社学研プラスとともに山口県宇部市内の市立小学校に英語学習AIロボット「Musio」(ミュージオ)を導入拡大
人工知能エンジン及び人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKA(アメリカ本社:AKASTUDY LIMITED 米国カリフォルニア州、日本法人:AKA Corp 東京都渋谷区、代表:Raymond Jung、以下AKA)は、株式会社学研プラス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:碇 秀行、以下学研プラス)とともに、2018年度に引き続き山口県宇部市内の小学校に英語学習AIロボットMusio(ミュージオ)を導入し、外国語活動の授業においてMusioを活用します。

[画像: https://prtimes.jp/i/17199/36/resize/d17199-36-892863-0.png ]

2020年度より小学校の英語教育が3年生から必修化、5年生から教科化と本格化するのにあたり、宇部市では「聞く・話す」能力の向上と実践的な英語力の習得を目指します。

AKAが開発した英語学習AIロボット「Musio」は、 自ら考えて会話ができ、 その会話内容をだんだん覚えていくソーシャルロボットです。
アメリカのネイティブ英語を話し自然な英会話ができるチャットモードと、 専用教材を使用しレベルや目的に合わせた英語学習ができるチューターモードがあるので、 英語学習の頼もしいパートナーになります。
また、新しく追加されたアカデミーモードでは単語・パターン・会話の反復練習が可能になり、各校の学習カリキュラムに合わせたコンテンツ制作や会話練習も可能なため、 授業内で教員のサポートをすることも可能です。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。