RIZAPで英会話上達 RIZAP ENGLISH新コース登場 ~英会話の上達を可視化した結果コミット型英語プログラム~

RIZAPで英会話上達 RIZAP ENGLISH新コース登場 ~英会話の上達を可視化した結果コミット型英語プログラム~
RIZAP ENGLISH株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:瀬戸 健)はパーソナル英会話ジム「RIZAP ENGLISH」のサービスにて、「英会話スキルアップコース」と「TOEIC(R) L&R TESTスコアアップコース」、この2つを軸とする新コースを開始したことをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/30866/140/resize/d30866-140-887803-4.png ]


新コース開発背景

RIZAP ENGLISHは、英語学習において、短期間で劇的な英語力向上にコミットすることをテーマにサービスを展開してまいりました。昨今では、テストスコアだけでなく、ビジネスシーンで対応ができる英会話力を早急に伸ばしたいという英語学習市場における顧客ニーズの高まりを受け、RIZAP ENGLISHでは、英会話の上達を目的別・レベル別に5つのコースに分け、新しい独自の英会話および英語学習コースの開発に至りました。

【新コース3つの特徴】


[表1: https://prtimes.jp/data/corp/30866/table/140_1.jpg ]


感覚に依存していた英会話スキルを定量化!CEFR-Jに準拠した英会話スキルアップコース

これまで英会話レベルについて、「日常会話程度なら」「ネイティブレベル」など、感覚にゆだねた曖昧な評価が主流であり、どれくらい話せるかを定量評価することが困難とされていました。そこでこの度、RIZAP ENGLISHでは、「CEFR-J(セファールジェイ)」に準拠したプログラムを開発しました。CEFRは、外国語運用能力の指導と評価のための言語共通の参照枠組で、30年以上にわたる研究を経て2001年に策定された国際的に用いられている指標です。CEFR-Jは、そのCEFRをもとに日本の英語教育のために構築された、英語学習・指導と評価のための参照枠です。「英会話スキルアップコース」では、コース受講前後でCEFR-Jに準拠したアセスメントテストを設け、英会話の上達が可視化できるため、英語を必要とする一人ひとりのニーズに応えるサービス生まれ変わりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。