ボルダリングワールドカップ2019の最終戦アメリカ・ベイル大会にてZETAが応援するプロフリークライマー野口啓代選手が2位に入賞、ボルダリングの年間ランキングで2位になりました

ZETAがサポートするプロフリークライマー野口啓代選手の2019年ボルダリングワールドカップアメリカ・ベイル大会成績のお知らせ

ZETA株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 山崎徳之)とスポンサー契約中のプロフリークライマー 野口啓代(のぐち あきよ・30歳)選手が、ボルダリングワールドカップ2019において、2019年6月7日(金)~8日(土)にアメリカ・ベイルにて開催された第6戦で2位に入賞、ボルダリングの2019年間ランキングで2位となりました。

5月の中国・呉江大会出場後、ドイツ・ミュンヘン大会の出場を見送り1ヶ月空けて臨んだボルダリングワールドカップの最終戦で、野口選手は安定した登りで決勝に進出しました。

野口選手は決勝において、今季圧倒的な強さを見せているヤンヤ・ガンブレット選手(スロベニア)との優勝争いを繰り広げ、決勝4課題中3課題を完登しましたが惜しくも2位となり、4課題完登したヤンヤ・ガンブレット選手が2019年のボルダリングシーズン全大会優勝を決めました。

ベイル大会を終えて今季320ptを獲得した野口選手は、ボルダリング年間ランキングにおいて2位となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【野口選手コメント】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヤンヤの全6大会優勝の快挙は凄いですが、自分が優勝して一強を阻止したいと思う気持ちが強かった分、悔しい2位、そして年間も2位でした。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。