ボルダリングワールドカップ2019の最終戦アメリカ・ベイル大会にてZETAが応援するプロフリークライマー野口啓代選手が2位に入賞、ボルダリングの年間ランキングで2位になりました

ですが、今シーズンは2試合出場せずに年間2位で終えられたことは自信になりました。

トレーニングの成果や登り方のバリエーションも増えていい登りができたことも多かった半面、まだまだ修正箇所や克服しなければいけない課題も多かったです。

もう3週間後にはリードのワールドカップも始まります。8月には世界選手権。

ボルダリングもスピードもトレーニングをバランスよく行っていかないといけないので、自分の長所をさらに伸ばし、苦手を埋めていけるようにしたいと思います。

短期間で出来ることは限られていますが今、自分のできるこを悔いなくやって、五輪への出場権を獲得したいです。

残りのシーズンも応援よろしくお願いします。

野口啓代
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

男子ではで緒方良行(おがた よしゆき・21歳)選手がボルダリングワールドカップで初優勝し、今大会2位に入賞した楢崎智亜(ならさき ともあ・22歳)選手が年間ランキング1位となりました。

ZETAは引き続き世界で活躍する野口啓代選手を支援する形でスポーツクライミングをサポートしていきたいと考えております。

また今後も様々な形で社会に貢献して参ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ボルダリングワールドカップ2019 第6戦ベイル大会リザルト▼
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
女子
1位 ヤンヤ・ガンブレット
2位 野口啓代(のぐち あきよ)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月12日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。