ワークスモバイルジャパン、精神科電子カルテのレスコと精神科病院・クリニック向けサービス提供開始

ワークスモバイルジャパン、精神科電子カルテのレスコと精神科病院・クリニック向けサービス提供開始
精神障害者の状況や地域の実情に合わせた地域包括ネットワークを構築 / 将来的にLINE WORKSを活用した医療・行政・介護・訪問看護、精神障害者、家族間の連携を目指す

仕事用のLINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、精神科電子カルテ「Alpha」を提供する株式会社レスコ(本社:広島県広島市中区上幟町5番15号1階、代表取締役CEO:藤川佳應、以下「レスコ」)と精神科病院・クリニック向けサービスの提供を開始することをお知らせいたします。

精神障害者の治療では、症状が重篤化した場合に入院して治療を行う精神科病院、外来での治療を行うクリニック、通院が困難な精神障害者の支援を行う訪問看護が連携して治療を進める必要があります。これまではレスコが提供する電子カルテにより、患者に関する記録情報の共有化を実現し、チーム医療の推進や院内業務の効率化に取り組んできました。一方で、各機関が治療を進める中で日々変化する患者の情報共有は電話、FAXなどで行われ、スムーズな共有が困難な場合があり、チーム医療をより効率的に進めることができる双方向性とリアルタイム性に長けたコミュニケーション方法の確立が求められていました。

この度提供を開始するサービスでは、「LINE WORKS」上で患者別トークルームを作成することで、一度に全ての関係者に対して電子カルテ以外に必要な患者の情報を共有できる情報ネットワークの構築が可能になります。これにより、個別連絡による情報共有の遅れや伝達ミスの軽減を実現します。また、トークルーム内で行われたコミュニケーションは、医師確認のもとで電子カルテにも反映され、担当者の引き継ぎ時の情報共有に役立ちます。さらに「LINE WORKS」は、LINEのUI/UXを踏襲しているため、精神科病院・クリニック、訪問看護機関の担当者もすぐに使いこなすことができ、外出先からでもスマートフォンを活用して情報の閲覧、コミュニケーションを取れることから業務効率の改善も期待できます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月14日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。