森下仁丹株式会社、株式会社メタジェンと共同で特許出願、「MG Navi(R)」でビフィズス菌カプセルに対するレスポンダー予測を開始

腸内環境の重要性に着目した商品開発を行ってきた森下仁丹株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長 森下雄司、以下「当社」)と、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指す株式会社メタジェン(本社:山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO 福田真嗣、以下「メタジェン」)は、ビフィズス菌カプセル摂取時に排便回数が増加するレスポンダー(※1)を予測する方法を発明し、特許の共同出願を行いました。また、今後メタジェンの次世代腸内環境評価・層別化サービス「MG Navi(R)」において、ユーザーの腸内環境タイプがビフィズス菌カプセル摂取に対するレスポンダータイプであるかの予測を、サービスの一環として実施していく予定です。

<特許共同出願の概要>
プロバイオティクス(※2)を食品として摂取することが腸管に有用な作用をもたらすと考えられていたことから、当社でビフィズス菌カプセルの研究開発を進めてきました。
この度、当社とメタジェンとの共同研究にて、ビフィズス菌カプセルの摂取が腸内環境へ及ぼす影響について、メタジェン独自の腸内環境評価技術「メタボロゲノミクス(R)」を駆使して評価いたしました。腸内環境データおよびメタ
データの統合解析により、ビフィズス菌カプセル摂取時に排便回数が増加する腸内環境タイプを予測することに成功し、この度、この予測方法に関する共同特許出願に至りました。

<「MG Navi(R)」でビフィズス菌カプセル摂取に対するレスポンダー予測を開始>

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月14日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。