世界初!「映像」と「音」で日本酒を“ストーリー”まで味わう『HOLO酔い升』を開発 テクノロジーで日本酒市場の活性化に一役 升の底にホログラム映像とスピーカーを内蔵

世界初!「映像」と「音」で日本酒を“ストーリー”まで味わう『HOLO酔い升』を開発 テクノロジーで日本酒市場の活性化に一役 升の底にホログラム映像とスピーカーを内蔵
2019年6月26日(水)~27日(木)に中目黒PAVILIONで体験イベントも開催

 株式会社ドリル(本社:東京都渋谷区)は、ホログラム映像と音が再生されることで日本酒が持つストーリーを丸ごと味わうことできる世界初の升、『HOLO酔い升』を開発しました。また、 6月26日(水)~27日(木)の期間、中目黒のレストラン「PAVILION」で、日本酒を『HOLO酔い升』で飲むことができる体験イベントを開催いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/26766/4/resize/d26766-4-706078-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/26766/4/resize/d26766-4-513005-1.png ]


『HOLO酔い升』開発の背景

 この10年間で日本酒の出荷量は大幅に減少しています。一方、海外での日本酒人気は加熱するなど、日本酒は世界に誇るべき、そして後世に残すべき文化です。本プロジェクトは、日本酒が持つ課題をテクノロジーによって解決したいという想いからスタートしました。
 ワインの味の感じ方は、生産地や歴史などの情報を事前に得ることで大きく変わると言われています。しかし、奥深い背景を持つのはワインだけではありません。日本酒にも、生まれた美しい場所、醸造の過程、製造者の想いなど、たくさんの背景があります。本プロジェクトは日本酒の持つストーリー性に着目し、ソムリエがワインの蘊蓄を語るように、日本酒のストーリーを「升」が語ることで、その味わい方を拡張することに挑戦。女性や若年層など、これまで日本酒の愛好家が少なかった層にリーチすることで日本酒市場の活性化に一役買いたいと考えています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月17日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。