リモートワークを身近にする拠点「キャスタースクエア宮崎」立地調印式を実施

リモートワークを身近にする拠点「キャスタースクエア宮崎」立地調印式を実施
700名以上がリモートワークを行う株式会社キャスター(本社:東京都渋谷区、代表取締役 中川祥太)は、2019年3月1日に宮崎県内での採用強化とリモートワークの認知度向上を図ることを目的として宮崎県宮崎市に新拠点「キャスタースクエア宮崎」を設立し、本日、宮崎市役所で立地調印式を行いました。

[画像: https://prtimes.jp/i/12003/53/resize/d12003-53-874317-1.jpg ]

  写真は左から、株式会社キャスター 代表取締役 中川 祥太、宮崎市長 戸敷 正様

◼︎「キャスタースクエア」とは
当社は、これまでの採用活動などの経験からリモートワークの普及を阻んでいる要因として、「顔が見えないことによる不安」「オンラインで完結する非現実感」などが挙げられると考えています。
リモートワークに馴染みがない人にとっては、Webサイトなどを通じて得た情報だけでは、リモートワークという働き方を実感しづらく、不安を感じることもあります。
そこで当社は、リモートワークを身近に感じてもらえる場所として「キャスタースクエア」を設けました。
地元で働きたい人やUJIターンしたい人が、住みたい場所で働けるリモートワークを認知したり、リモートワーカーとして働いているメンバーと顔を合わせ、働き方や会社に対する安心感を得ていただくことを目的に、当社は今後も全国に「キャスタースクエア」を展開する予定です。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月21日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。