保険金お支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送のアウトソーシング

保険金お支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送のアウトソーシング
拡大する(全1枚)
損害サービス部門の抜本的な業務プロセス改革

セゾン自動車火災保険株式会社(代表取締役社長:梅本 武文、以下「セゾン自動車火災」)は、保険金支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送業務のアウトソーシングを2019年6月より開始しました。

1. 導入の背景・目的
 顧客志向経営を目指している当社にとって、お客さまに最も近い存在となる損害サービス(保険金お支払担当)部門の事務量の多さは経営課題のひとつです。
 そこで、お客さま対応時間を増やしていくために、抜本的な業務プロセス改革を検討してきました。
 今回は、事故担当者の業務ウェイトのうち20~30%を占める保険金お支払書類関連の受発送業務をアウトソーシングすることに加えて、帳票の電子保管によるペーパーレス化を行い、業務効率化をはかります。
 本サービスの導入により、迅速な保険金のお支払やお客さま対応時間を創出し、より一層の『安心』を提供していきます。

2. サービス概要
 帳票の管理に豊富な経験のある富士ゼロックス株式会社と協業し、主に以下の業務プロセス改革を行いました。
<1>お客さまの“分かりやすさ”を重視した帳票の設計
 お客さまとのコミュニケーションをとるための重要なツールである保険金お支払関連書類を、「見やすさ」「書きやすさ」の視点で帳票を見直しました。

<2>帳票の電子保管によるペーパーレス化
 帳票を電子保管することでペーパーレス化(紙量約50%削減見込み)を推進し、事故担当者の帳票仕分け作業、検索時間の短縮を実現します。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク