メンバーズ、CSVビジネスアイデアコンテスト開催 大学生が大手企業に社会課題解決型ビジネスを提案

メンバーズ、CSVビジネスアイデアコンテスト開催 大学生が大手企業に社会課題解決型ビジネスを提案
「キリンホールディングス」「ベネッセコーポレーション」「三井住友カード」「良品計画」が共創パートナーとして参加。優秀なアイデアを表彰

企業のデジタルマーケティングを支援する株式会社メンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 剣持 忠、以下「メンバーズ」)と、メンバーズ子会社でCSV(※1 Creating Shared Value=共有価値の創造)の戦略コンサルティング、マーケティング支援を行う株式会社エンゲージメント・ファースト(本社:東京都中央区、代表取締役社長 原 裕、以下「エンゲージメント・ファースト」)は、持続可能な社会を創造するビジネス・アイデアを大学生から募集し、優秀なアイデアを表彰する「第3回大学生CSVビジネスアイデアコンテスト」を7月13日(土)に開催いたします。今回は「キリンホールディングス」「ベネッセコーポレーション」「三井住友カード」「良品計画」の4社が共創パートナーとして参加、各社でテーマ(下記参照)を提示し、大学生はその課題を解決するアイデアを提出する流れになります。各社が選んだ優秀なアイデアは、大学生とともにその後のワークショップなどを通じて共創する予定です。

●背景
 ハーバード・ビジネススクールのマイケル・ポーター教授が2009年に提唱したCSVは、「社会と共有できる価値」の創造を企業の事業戦略に結びつけることで、社会的課題を解決するだけでなく、その結果として企業も競争力を強化し、利益をあげることで持続可能な成長に貢献する取り組みです。「社会と共有できる価値」には、製品機能や価格などの差別化要素ではなく、社会の共感を得ながら絆を強めるような、企業の強みや特性、独自性が込められた戦略が求められており、社会的課題の解決を経営戦略に組み入れることはグローバルでのトレンドであり、企業運営にとっても必須条件となりつつあります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。