NTT-ATがCISSP公式問題集を国内初出版

NTT-ATがCISSP公式問題集を国内初出版
~NTT研究所と連携して公式問題集を日本語化、電子書籍として一般向け提供を開始~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、NTTセキュアプラットフォーム研究所(以下 NTT SC研)と連携して、情報セキュリティ専門家資格であるCISSPなどのグローバルレベルでの認定および教育活動を行う、International Information System Security Certification Consortium, Inc.(以下:(ISC)2) のCISSP公式問題集を日本語化するとともに、このたび電子書籍としての一般向け提供を開始しました。

近年、サイバーセキュリティの脅威はその変化が激しくかつ巧妙化、複雑化しており、これに対抗するためには、技術、人、プロセス、組織、ビジネス戦略、法規制など、多面的かつ包括的な視点からセキュリティ対策を考えるとともに、総合的に脅威やリスクを特定し、分析し、対応ができる人材が求められています。そして、経営者目線に立って、ビジネスに貢献するセキュリティ技術やマネージメントの戦略を構築し、提言できる人材が企業にとって不可欠となってきています。

高度セキュリティ専門家としてのグローバルスタンダードであるCISSP(Certified Information Systems Security Professional)は、このような人材を育て認定する唯一の資格制度として、世界中で広く認知されています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。