アストラゼネカのアカラブルチニブ (Calquence) 、再発又は難治性慢性リンパ性白血病患者さんの無増悪生存期間を有意に延長

アストラゼネカのアカラブルチニブ (Calquence) 、再発又は難治性慢性リンパ性白血病患者さんの無増悪生存期間を有意に延長
12カ月時点で無増悪を維持した患者さんの割合は、アカラブルチニブ単剤群88%、イデラリシブとリツキシマブ又はベンダムスチンとリツキシマブとの併用群68%

アストラゼネカ (本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ[Pascal Soriot]、以下、アストラゼネカ) は、2019年6月17日、アムステルダムで開催された欧州血液学会(EHA)の年次総会において、第III相ASCEND試験における中間解析結果の詳細を示し、アカラブルチニブ(Calquence)が再発又は難治性慢性リンパ性白血病 (CLL) 患者さんの無増悪生存期間を有意に延長したことを発表しました。

ASCEND試験は、再発又は難治性CLL患者さんを対象にアカラブルチニブ単剤療法に対し医師の選択した治療(イデラリシブとリツキシマブの併用療法 [IdR] またはベンダムスチンとリツキシマブとの併用療法 [BR] )を比較した試験です。

本試験では、16.1カ月の追跡期間(中央値)において、アカラブルチニブはIdRまたはBRに対して、統計学的有意かつ臨床的意義のある無増悪生存期間(PFS)の改善を示し、病勢進行もしくは死亡のリスクを69%低減しました(ハザード比 0.31; 95% 信頼性区間, 0.20-0.49, p<0.0001)。無増悪期間の中央値はアカラブルチニブ単剤群では未達である一方、対照群では16.5カ月でした。12カ月の時点で、アカラブルチニブ単剤群の88%において病勢進行が見られなかったのに対して、対照群ではその割合は68%でした。アカラブルチニブの安全性および忍容性は同剤の確立されたプロファイルと一貫していました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年6月25日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。