英語4技能で最も課題なのは「スピーキング」 英語学習コーチング「PROGRIT(プログリット)」が英語学習における課題を調査

英語4技能で最も課題なのは「スピーキング」 英語学習コーチング「PROGRIT(プログリット)」が英語学習における課題を調査
~英語を学ぶ理由は「仕事の幅を広げたい」が最多~

英語学習コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」を展開している株式会社GRIT(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、プログリットのお客様の一部(2017年11月11日~2019年7月8日 6,037名)を対象に、受講前のヒアリング調査を通して「英語学習における課題」を調査いたしました。その結果、1位はスピーキング(90.5%)、2位はリスニング(83.5%)となり、「話す」・「聞く」の2技能に特に課題感を抱いていることが分かりました。また、英語学習の目的については、最も多いのが「社内での仕事の幅を広げたい(38.3%)」となり、ビジネスニーズによる利用が多いことが分かりました。


日本人の英語能力レベルは「低い」

英語には「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能があり、現在、小学校から高等学校までの学習指導要領について4技能をバランスよく身に付けるために文部科学省が中心となって改革を行っています。外国語活動の導入や英語の授業数の増加、高等学校の学習指導要領では英語の授業で英語を用いて行うことを基本とすることを明示しています。同時に大学入試も、今までの「読む」と少しの「聞く」に偏ったものではなく、外部試験の利用などで4技能にフォーカスを当てています。

しかし、現在の日本の産業を担っている成年の人達に対して、国は動いていません。海外留学・語学教育事業を展開するEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社)が公表している英語能力指数のデータによると、日本は88の国と地域の中で49位。EFによる英語テストの得点からみた英語能力レベルは「低い」とされています(

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年8月8日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。