グレート・ウォークの10番目のコースとして「パパロア・トラック」が2019年12月1日(日)にオープン

新しくオープンするパパロア・トラックは、ポロラリ・リバーの渓谷、眼前に迫り来る石灰岩の崖、この地域に続いた鉱業の歴史と、砂浜がニカウ・パームの点在する森に姿を変えていく様子を見ることができるコースです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/44304/3/resize/d44304-3-553078-1.jpg ]


パパロア国立公園の面積は38,000ヘクタールで、パパロア野生動物保護基金はニュージーランド環境保全省と協力して、絶滅が危惧される希少種を公園で保護しています。キーウィの生存を脅かす動物たちを駆除するワナと、12.5ヘクタールのキーウィ保護施設があるため、マオリ語で「ロロア」と呼ばれるオオマダラキーウィの鳴き声を聞いたり、姿を見ることができるかもしれません。

他にもルル(固有のフクロウ)、コリマコ(スズドリ)、ケレル(ハト)、ウィオ(アオヤマガモ)、トゥイ(エリマキミツスイ)などニュージーランド固有の鳥が周辺で生息しており、野鳥のポケットガイドや、鳥の鳴き声が聞けるアプリなどがあれば、より一層トレッキングを楽しめるでしょう。

既存の人気のコースのクロエソス・トラックを20キロほど進むと、新しく出来たハット(山小屋)のムーンライト・トップス・ハットに着きます。プナカイキ川からパイクリバーの急斜面を通ってタスマンシーへと続く風景が一望できるハット(20名定員)からの夕焼け時の風景は特筆すべき美しさです。ハットにはマットレス、水道、トイレ、ガス調理器と暖房が備えられており、快適に過ごせます。(年間を通じて事前予約が必要です。)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年8月8日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。