Logic System(松武秀樹)「イノフェス2019」出演決定!!エレクトロニックミュージック×プロジェクションマッピング披露

Logic System(松武秀樹)「イノフェス2019」出演決定!!エレクトロニックミュージック×プロジェクションマッピング披露
J-WAVE(81.3FM)では、今年で4回目の開催となる日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)を2019年9月28日(土)、29日(日)の2日間、六本木ヒルズで開催いたします。この度、9月28日(土)に、Logic System(松武秀樹) の出演が決定いたしました。

[画像: https://prtimes.jp/i/25404/511/resize/d25404-511-172787-0.jpg ]

テクノポップ界のイノベーター、松武秀樹。イノフェスのステージで、エレクトロニックミュージックにプロジェクションマッピングを組み合わせたパフォーマンスを披露します。

■松武秀樹 プロフィール
1970年の大阪万博で、シンセサイザーとコンピューターを組み合わせて演奏されていた「スイッチド・オン・バッハ」を聴き、新しいフィールドに大いなる興味と関心を抱く。20歳から冨田勲氏のアシスタントとして、当時日本には数台しかなかった“モーグ・シンセサイザー”による音楽制作のスタッフを経験。独立後もシンセサイザー・ミュージックの可能性を追求、 モーグ・シンセサイザー・プログラマーの第一人者としてロック、ポップス、CM音楽のレコーディングに参加する。1977年~1982年にかけて、シンセサイザー・プログラマーとしてYMO作品に参加し、数々の伝説的なレコーディングを経験し、ワールドツアーを含めたYMOライブにも帯同。1981年には自身のユニットであるLogic System(ロジック・システム)をスタートさせ、現在までに15枚のアルバムを発表。そのうちの2枚は世界8ヵ国でメジャー・リリースされ、各地に熱狂的なファンを生み出している。2017年2月、音楽活動45周年を記念した、CD5枚におよぶアンソロジー的なボックス・セット『LOGIC CHRONICLE』をリリース。翌月、第20回文化庁メディア芸術祭「功労賞」を受賞。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年8月9日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。