司法修習生と法曹実務家のためのポータルサイト「司法修習ドットコム」

司法修習生と法曹実務家のためのポータルサイト「司法修習ドットコム」
株式会社司法修習ドットコム(本社:東京都港区、代表取締役/弁護士:森永真人)は、2019年8月26日(月)に司法修習生とそのOBである法曹実務家(弁護士、裁判官及び検察官)のためのポータルサイト「司法修習ドットコム」(https://www.shihoushu2.com/)を公開しました。日本の法曹養成制度の中核をなす司法修習制度にフォーカスした初めてのポータルサイトです。

[画像1: https://prtimes.jp/i/48120/1/resize/d48120-1-882848-0.png ]

日本で法曹実務家になるためには、司法試験に合格し、原則として約1年間の司法修習を終える必要があります。司法修習では、最高裁判所が設置する司法研修所(埼玉県和光市)での座学を中心とする研修の他、日本各地の裁判所、検察庁、法律事務所での実地研修(以下「実務修習」といいます。)が行われます。実務修習先(以下「修習地」といいます。)については、全47都道府県計51箇所あり、各人の希望を踏まえて最高裁判所が決定し、配属されます。
司法修習生を取り巻く環境はスケジュール的に極めてタイトであり、充実した修習生活を送るには、予備知識の習得や入念な準備が欠かせません。

すなわち、修習生は、司法試験の合格発表の喜びも束の間、3ヶ月の経たないうちに司法研修所での導入修習がスタートするため、短期間のうちに、希望する修習地の選定、司法研修所や配属された修習地で生活する部屋の選定・賃貸借契約・引っ越し作業等が必要となります。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年8月26日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。