多摩大学がプログラミングスキル判定サービス「TOPSIC」を採用~自発的な学習とプログラミング的思考を学ぶ講義で成果~

◆教育アセスメントの実践ツール
現代の教育では、教育アセスメントが重視されています。教育アセスメントとは、「学生の学習を成功に導くために、学習実態を把握し、適切なフィードバックを行い、学習活動の成果を評価する教育活動」と定義されています。

多摩大学では、毎週行われる講義の中で、1.プログラミングのテスト実施 ⇒2.テスト結果(正誤)発表 ⇒3.プログラムコードの解説 ⇒4.各自の解答コードの修正というサイクルを実施しています(下図)。「TOPSIC」を活用することにより、学生の学習実態の把握、適切なフィードバック、学習成果の評価という教育アセスメントが効率的に実現できているのです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/7603/32/resize/d7603-32-484345-0.png ]


このサイクルを繰り返すことで、最初は難易度(※)レベル1と2の問題からスタートしたものが、徐々にレベルアップして、今年度の目標である「レベル3の問題をほぼ解ける」という目標に着実に近づいています。

(※)「TOPSIC」 はレベル1~レベル6までの問題があり、数字が大きいほど難易度が高くなっております。

◆TOPSIC活用の現状、今後の展望
多摩大学では、学生が能動的に学習に取り組めるよう「アクティブ・ラーニングプログラム」という制度を活用して新しい試みを実施してきました。今回は、この仕組みを使って、講義形式の「TOPSICを利用したプログラミング的思考法の習得」と「企業・学校対抗プログラミングコンテスト『PG BATTLE』*1参加」が単位取得できる講義として認定されています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月30日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。