2020年 おせちに関するトレンド調査
拡大する(全1枚)
市場規模600億円 ※1 令和最初のおせちは、作るのではなくお取り寄せ ~ギフトとしてのおせちニーズも増加~

株式会社ハースト婦人画報社(本社:東京都港区、代表取締役社長&CEO:ニコラ・フロケ)が、カタログギフト大手のリンベル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:東海林秀典)と共同運営する通信販売事業「婦人画報のお取り寄せ」は、来年のお正月のおせち料理について、全国の「婦人画報のお取り寄せ」ユーザー約820 名を対象にインターネット調査を行いました。調査結果は以下の通りです。

<おもな調査結果>
★65.2%が、来年はおせち(重箱入り・一部品目含む)を購入すると回答。過去4年で最も高い値に。
購入する主な理由は「自宅では作れないような品目が魅力」(67%)、「華やかで高級感がある」(45%)、「自宅まで届けてもらえて便利」(44%)。おせちを購入することが定着してきている

★おせちを購入する場所として、「通販・ネット注文」に対するニーズが増加 (※複数回答)
2018年 42%⇒ 2019年64%と22ポイントの大幅アップ

★検討開始時期 10月以前に検討開始する人38%

★おせちの購入予算が昨年から13%・約3000円 増加
 2018年平均21,613円 ⇒ 2019年 平均 24,447円

★こんなおせちがあったらいいベスト5は「有名シェフ、料理人によるおせち」(45%)、「和洋中組み合わせ」(39%)、「少人数用」(38%)、「一人一重」(32%) 、「オードブル付き」(26%)(※複数回答)