英語学習コーチング「PROGRIT(プログリット)」が受講生向けのセミナーイベントを開催

英語学習コーチング「PROGRIT(プログリット)」が受講生向けのセミナーイベントを開催
~テーマは「オージーイングリッシュに慣れ親しもう!音声知覚のコツとスラング習得」~

 英語コーチングプログラム「PROGRIT(プログリット)」を展開している株式会社GRIT(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、2019年8月31日(土)に、プログリットを受講している生徒様や卒業生を対象に、オーストラリアで話されている「オーストラリア英語」をテーマにしたセミナーイベント「オージーイングリッシュに慣れ親しもう!音声知覚のコツとスラング習得」を開催いたしましたことをお知らせいたします。イベントではオーストラリアでの経験が豊富な弊社コンサルタントによるレクチャーだけではなく、実際にオーストラリア英語を発音したり、音声によるディクテーションを行ったりなどして、和やかな雰囲気となりました。


本セミナーイベントの目的

 プログリットでは定期的に受講生や卒業生の方を対象として、10名前後の少人数でセミナーイベントを毎月複数回開催しています。学んだ英語のアウトプットや英語学習継続のためのモチベーションアップの場を作るだけではなく、プログリットで学んだ同志としての横のつながりを作ることができることが、セミナーイベントの特徴です。
 今回は「オーストラリア英語」をテーマとして2時間のセミナーイベントを開催いたしました。日本から南に約6,800km離れたオーストラリアは、年間46万9,200人の日本人が渡航している南半球の国です(2018年1月~12月、オーストラリア政府観光局より)。オーストラリアには723の日系企業が進出しており、在留邦人数は9万7,223人と世界で3番目に多い規模(「海外在留邦人実態調査」平成30年要約版)、日本人留学生数も9,879人と、アメリカに次いで2番目に多い規模となっています((独)日本学生支援機構「協定等に基づく日本人学生留学状況調査」)。このように、日本とオーストラリアの間では多くの交流やビジネスが生まれています。しかし、オーストラリアで広く話されているオーストラリア英語は、スラングが多いだけではなく、アメリカやイギリスの英語と比較して、発音も非常に特徴的です。これらの特徴を押さえてオーストラリア英語に慣れ親しむ方法を知ることで、現地でのコミュニケーションを円滑にし、より充実したビジネスや現地での経験を積むことができます。本セミナーイベントでは、オーストラリア英語に慣れ親しむための方法をお伝えして実践するだけではなく、「言語を学ぶことは、その土地の文化を学ぶこと」という意識を参加者の皆様が理解することをセミナーの目的としました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年9月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。