【イベントレポート】新潟ベビーの新定番!?国産米が原料の「お米のおもちゃ」新商品贈呈式が新潟県南魚沼市で開催

【イベントレポート】新潟ベビーの新定番!?国産米が原料の「お米のおもちゃ」新商品贈呈式が新潟県南魚沼市で開催
ピープル株式会社(本社:東京都中央区、取締役兼代表執行役:桐渕 真人)は、南魚沼市で生まれたライスレジン製のベビー玩具「お米のおもちゃ」シリーズ新商品を発売、南魚沼市長への贈呈式を開催いたしました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/45493/27/resize/d45493-27-150991-0.jpg ]


[画像2: https://prtimes.jp/i/45493/27/resize/d45493-27-933624-1.jpg ]

当式典では、桐渕真人ピープル(株)取締役兼代表執行役より、林茂男南魚沼市長へ新商品3アイテムが、神谷雄仁(株)バイオマスレジン南魚沼代表取締役社長より、南魚沼市内の「お米のままごとセット」を南魚沼市内の幼稚園、保育園等に贈呈しました。

■「お米のおもちゃ」とは
[画像3: https://prtimes.jp/i/45493/27/resize/d45493-27-655265-2.jpg ]


何でも口に入れてなめる赤ちゃんに安心な「お米のおもちゃ」シリーズ。原料は契約農家で作られた国産米、製造も日本国内で行っている「純国産」の安心感は、出産祝いやお誕生日祝いの贈り物として、累計80万人以上のお客様に選ばれ、来年で10周年を迎えます。パッケージには南魚沼の観光PRキャラクター「こめつぐ君」が掲載されています。

■ライスレジンとは
産業廃棄物となる米を捨てずに活用したバイオマスプラスチック樹脂。非食米や米粉、お餅を始めとする様々なフードロス等から作られ、南魚沼に本社があるバイオマスレジン南魚沼で生産しています。今回発売する商品には、バイオマスレジン南魚沼が開発した独自製法により、もちもちでやわらかいプラスチック「ライスレジン」素材を採用しており、0歳の小さな手でも持ちやすい、なめやすいやわらかさに仕上げています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る 2019年9月11日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら