【石原さとみ独占インタビュー】舞台『アジアの女』新体感ライブ

【石原さとみ独占インタビュー】舞台『アジアの女』新体感ライブ
拡大する(全1枚)
【10月17日まで】NTTドコモ「新体感ライブ」特典映像も配信中

【石原さとみ】舞台「アジアの女」独占インタビュー

9月29日に東京・Bunkamuraシアターコクーンで閉幕した舞台『アジアの女』
https://shintaikan.live/live/100101
その主演を務めた、石原さとみの独占インタビューを行った。
[画像1: https://prtimes.jp/i/28143/195/resize/d28143-195-568402-5.png ]

2006年に長塚圭史が書き下ろした戯曲を、盟友・吉田鋼太郎が演出(出演も)することでも話題を呼んだ本作。災害によって崩壊した町を舞台に、半壊した家で兄(山内圭哉)と暮らしながら、人々のために献身する麻希子を演じ切った今の心境を、石原はこう語る。「満足度がすごく高いです。それはやり切った達成感というのではなくて。これほど緊張せずに毎日舞台に立てたのは初めてでした。圭哉さんが『寝室かリビングルームに行くような感覚で舞台に上がるんだよ』とアドバイスして下さったのですが、まさにそんな気持ちでした」

[画像2: https://prtimes.jp/i/28143/195/resize/d28143-195-767041-8.jpg ]

石原が演じた麻希子は、かつて心を病んでいた女性。複雑な役柄ではあったが、その瞬間をありのまま、懸命に生きる麻希子に惹き込まれた。「鋼太郎さんは毎日投げてくるボールが違うので、それを受け取って返すことが楽しかったです。圭哉さんはお芝居が日々劇的に変わるわけではないのに、ずっと新鮮なんです。お芝居にまったく嘘がないので、私も嘘では返せないなと。その瞬間ごとに相手を見て聞いて、役を生きる楽しさを味わいました。開演前、いつも鋼太郎さんと矢本悠馬くんと袖で待っている間、今日はどんな感じで行きますかね、という話をしていて。矢本くんが『今日は繊細に激しく、ですかね』とか、『めちゃくちゃ調子がいいので、今までで一番楽しめると思います!』なんてやりとりも思い出深いです」

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。