阪大発ベンチャー「株式会社イムノセンス」への投資を実行

阪大発ベンチャー「株式会社イムノセンス」への投資を実行
拡大する(全1枚)
大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社は、POCT向け免疫センサー(血液検査デバイス)の開発を行う大阪大学発のバイオベンチャー「株式会社イムノセンス」へ125百万円の投資しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/51435/2/resize/d51435-2-932728-0.png ]

阪大発ベンチャー「株式会社イムノセンス」への投資を実行
大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社(以下「OUVC」)(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:神保敏明)を無限責任組合員とするOUVC1号投資事業有限責任組合(以下「OUVC1号ファンド」)は、株式会社イムノセンス(以下「イムノセンス」)(本社:東京都世田谷区、代表取締役:渡邉洋)に対し、12月2日付で125百万円の投資を実行しました。
OUVC1号ファンドは、2018年3月にイムノセンスに対して初回投資(60百万円)を実行しており、今回は2回目の投資実行となります。

大阪大学の研究成果を活用した免疫センサー(血液検査デバイス)を開発中
イムノセンスは、POCT向け免疫センサー(血液検査デバイス)の開発を行う大阪大学発の医療機器ベンチャーです。同社は大阪大学大学院工学研究科・民谷栄一教授のバイオセンサーに関する研究成果を実用化するため、2018年1月に設立されました。

POCT(Point of care testing)とは、診療所、在宅、遠隔地、災害現場など様々な医療現場で行われるリアルタイム検査の総称で、迅速かつ適切な処置や疾病の予防につながることから、医療の質や被検者のQOL向上に資する検査方法として注目されています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク