日本最大級のデザイン&アートの祭典、DESIGNART TOKYO 2019(デザイナート・トーキョー 2019)

日本最大級のデザイン&アートの祭典、DESIGNART TOKYO 2019(デザイナート・トーキョー 2019)
世界から新鋭な作品が集結し、約22万人が来場! そのハイライトをレポート!

今年のメインテーマ“1% for Art”を中心に国内外の素晴らしいクリエイターや企業によるプレゼンテーションの場であるDESIGNART TOKYO 2019が無事に終了致しました事をここに御礼申し上げます。
3年目となる今年は銀座と新宿を加えた都内11エリアにて、104会場、390のブランドとクリエイターが参加。会期中の10月18日~27日の10日間には、のべ約22万人が来場しました。その模様を、出展者の皆さまやインフォメーションセンターなどで調査したデータを元にハイライトとして以下に振り返ります。
※写真クレジット:
 (C)︎Nacása & Partners(イスラエル展示とトロフィーを除く)、(C)︎Ryokan Abe(トロフィー)

Main Exhibition:1% for Art Exhibition
[画像1: https://prtimes.jp/i/49617/2/resize/d49617-2-492993-13.jpg ]

香港をベースにグローバルで活躍するDesign Pierのキュレーションの元、アジアを中心に18名のクリエイターによる約30点の作品が、ワールド北青山ビルの真っ白な大理石と2面の巨大なガラス面に囲まれた光溢れる空間にクリエイティビティ溢れる世界を創り上げました。展覧会タイトルでもある“1% for Art”とは、欧米や韓国、台湾で導入されている「公共建築費の1%をパブリックアートの制作費に充てる文化制度」で、日本における制度実現の後押しとしてメインテーマに設定。中央に設置されたメインアートは、香港とメルボルンに拠点を置く新鋭アーティストのライアン・L・フッテにより、“1% for Art”のある未来をイメージし、高さ3メートルにもなる真直なポールが空高く輝きを放ちました。その周りには、ベルリンを拠点に活躍する山本滋巳氏が日本初展示として、日本の高知県にしか生息しない竹虎を使用した仕掛け扉が施されたキャビネットを初披露。このキャビネット(大サイズ)はじめ、3作品が会期中、販売につながっています。タイのKitt.Ta.Khon Design Studio はボーダレスな工芸の世界を目指し、アフリカ・イスラム・タイ等の文化的工芸を融合したデザインを発表するなど、それは正にDESIGNART TOKYOが目指す、ジャンルを超えたミックスカルチャーが出会い、新しい感動を生み出す場となりました。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。