幻の酒米「雄町」の地酒を備前焼で味わう!『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』開催!

幻の酒米「雄町」の地酒を備前焼で味わう!『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』開催!
幻の酒米「雄町」で造った自慢の地酒を、「備前焼」の酒器で愉しめる人気イベント!「雄町」の地酒に合う岡山県特産のおいしいつまみも勢揃い!1月23日(木)・24日(金)は「とっとり・おかやま新橋館」へ!

岡山県では、岡山が誇る幻の酒米「雄町」の地酒を岡山の伝統的工芸品「備前焼」の酒器で味わえるイベント、『備前焼で愉しむ雄町米の地酒BAR』を、2020年1月23日(木)・24日(金)の2日間限定で開催します。このイベントでは、酒造好適米の「雄町米」で醸した地酒に、お酒がさらにおいしくなる「備前焼」の酒器、そして瀬戸内のおいしいおつまみをお愉しみいただけます。この機会に、備前焼で雄町の地酒を味わってみてはいかがでしょうか?

[画像1: https://prtimes.jp/i/23972/395/resize/d23972-395-360387-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/23972/395/resize/d23972-395-688296-1.jpg ]


(1)岡山の酒米「雄町」3蔵元の地酒が登場!
幻の酒米「雄町」は.約150年前から岡山で栽培が始まった、酒米の原生種です。最高級品種として評価が高く、「山田錦」「五百万石」といった人気の酒米は、実は「雄町」がルーツとなっています。「雄町」は背丈が高いため倒れやすく病害虫に弱いなど、栽培が難しいことから、希少性の高い"幻の酒米"と呼ばれています。栽培が難しい「雄町」ですが、「晴れの国」岡山の温暖な気候と栽培農家の技術と努力により、現在も全国生産量の95%を岡山県産が占めています。また、「雄町」の酒は、丸みのあるふくよかな味わいと、熟成したときの旨味が特長で、昨今の日本酒人気の中においても特に熱い注目を浴び、雄町ファンのことを指す"オマチスト"という造語も誕生しています。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。