センシンロボティクス、総務省消防庁が全国の消防職員を対象に認定する『ドローン運用アドバイザー』の育成研修を実施

センシンロボティクス、総務省消防庁が全国の消防職員を対象に認定する『ドローン運用アドバイザー』の育成研修を実施
-災害時におけるドローンの円滑な活用・普及を図るためのスペシャリストの育成に向けて-

設備点検・災害対策・警備監視の領域を中心にドローンによる業務の完全自動化を目指す株式会社センシンロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村卓也、以下センシンロボティクス)は、総務省消防庁が行うドローン指導者を育成する「ドローン運用アドバイザー」の育成研修の講師として参画し、2020年1月29日(水)~31日(金)の3日間、福島ロボットテストフィールドにて研修を実施いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/28447/35/resize/d28447-35-400435-4.jpg ]


ドローンはヘリコプターが近づけない現場等での活用が期待されています。大規模な火災の場合、熱画像カメラを搭載して飛ばせば、火元の特定や被害状況の把握につながります。また、土砂崩れ等の災害現場では、行方不明者の捜索にも役立ちます。

総務省消防庁では、災害現場での更なるドローンの利活用のため、操縦に精通した消防職員を育成する方針で、2019年度後半から全国の消防職員を対象に研修を始め、参加者を『ドローン運用アドバイザー』に認定。2023年度までに計135人を育成し、ドローンを導入していない消防本部を対象に講師役として派遣するとしています。

ドローン運用アドバイザー育成研修は、ドローンを導入していない消防本部に派遣する講師=『ドローン運用アドバイザー』を育成するために実施いたしました。今回は研修の初回として全国から集まった消防職員15人へ研修を行いました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。