オフィスのコーヒーサービスWORCが新たにダイレクトトレードのコーヒーを3種類提供開始!

オフィスのコーヒーサービスWORCが新たにダイレクトトレードのコーヒーを3種類提供開始!
拡大する(全1枚)
[画像1: https://prtimes.jp/i/50852/6/resize/d50852-6-985654-4.jpg ]


株式会社WORC(本社:東京都世田谷区、代表:川野優馬)は、オフィス向けコーヒーサービスWORCにて、ダイレクトトレードで仕入れた3種類のコーヒーをラインナップに追加しました。

WORCは、働く人々に「ワクワクしながら働ける場」を提供すべく、シングルオリジンの個性あふれるコーヒーを日替わりで淹れて、ポットでオフィスにお届けしています。
この度、WORCでお届けするコーヒーのラインナップに、優れた風味をもつ3種類のダイレクトトレードのコーヒーを追加しました。


▶︎ 新たに提供開始した3種類のコーヒー

|MR. YEH
台湾 阿里山のコーヒー生産者イエーさんと一緒に生産したコーヒー。お茶で有名な阿里山でもともとお茶農園をやっていたが、お茶の木の植え替えのタイミングでコーヒーの生産に乗り出し、ケニアのコーヒーの品種SL34を育てている。今回はフルーツ感際立つナチュラルプロセスで仕上げ、メロンやスイカ、ラズベリーのような風味に仕上がりました。

|ROLAN&JOSH Natural
ベトナム ダラットの少数民族コホ族の4代目女性農園主のローランさんとその夫で生産を支えるジョシュさんのコーヒー農園。川野が生産支援のクラウドファンディングを行い、127%達成となり集まった資金で乾燥の設備を整え、発酵の方法にフォーカスして、フルーティで甘味の強いコーヒーの生産に取り組んだ。このコーヒーはナチュラルプロセスと呼ばれる、摘んだチェリーをそのまま乾燥台に並べて乾かす方法の作り方で作ったコーヒー。果実の風味が際立ち、レーズンバターサンドのような濃厚で甘いコーヒーが出来上がり、直接日本に輸入して焙煎いたしました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。