工機ホールディングスの遠心分離機事業と“himac”ブランドをエッペンドルフ社へ譲渡に合意

工機ホールディングスはパワーツール事業に注力し、エッペンドルフ社は遠心分離機事業を強化

 工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)とエッペンドルフAG(本社:ドイツ ハンブルク、共同CEO:Dr. Peter Fruhstorfer(ペーター・フルーシュトルファー))は、工機ホールディングスの遠心分離機事業と"himac"ブランド(C&P事業:Centrifuge & Processing)をエッペンドルフ社へ譲渡をすることに合意しました。なお、本合意に基づく譲渡は2020年7月を目途に、諸手続きが完了し次第速やかに行います。

 本合意により、エッペンドルフ社は遠心分離機事業を拡大し、製薬や生命科学および産学の研究機関におけるハイエンド遠心分離機市場の世界的なリーダーのポジションを獲得します。一方、工機ホールディングスは技術開発、製品開発を一層加速すべく集中投資し、電動・エア工具などを中心とした総合パワーツールメーカーとしてグローバルでのリーディングカンパニーへの成長を目指します。

 工機ホールディングスは、1948年に電動工具および採炭機器の製造会社として設立しました。1954年には遠心分離機の事業を開始し、日本および海外の市場においてその製品を高く評価いただいてきました。 工機ホールディングスで培われてきたC&P事業は今回のエッペンドルフによる投資を受けることで、グローバルでのプレゼンスをさらに強化していくことができます。 なお、工機ホールディングスは、電動・エア工具の総合メーカーとして引き続き優れた製品とサービスを開発し、グローバルでお客様にますます選ばれるリーディングカンパニーとしての地位を強化していきます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。