【中小企業の「働き方改革」に関する実態調査】8割強が「残業時間40時間未満」、有休は「5割以上取得」が半数超え、副業制度のある企業は4割、そのうち約7割に実績あり

【中小企業の「働き方改革」に関する実態調査】8割強が「残業時間40時間未満」、有休は「5割以上取得」が半数超え、副業制度のある企業は4割、そのうち約7割に実績あり
育児休暇制度導入は6割弱どまり一方そのうち男性育休の取得が約3割と普及。育休活用や副業拡大など、中小企業でも制度整備が進み多様で柔軟な働き方が浸透。

 スタートアップ向けクリエイティブオフィスの企画・運営を都内で約60棟手掛ける株式会社リアルゲイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩本裕、以下「リアルゲイト」)は、中小企業の「働き方改革」に関する実態調査を、従業員規模300名以下の企業に勤める関東在住の20~50代正社員528名を対象に実施しました。

[画像1: https://prtimes.jp/i/7228/66/resize/d7228-66-474236-12.jpg ]


総括

 2019年4月から「働き方改革関連法」が施行され、2020年4月からは中小企業でも残業時間の罰則付き上限規定が施行されます。今回の調査では、8割以上が「残業時間は40時間未満」、半数以上が「有給休暇を5割以上取得している」と回答しています。また制度面では、副業制度のある企業は4割で、そのうち約7割に実績があるほか、育児休暇制度の導入は6割弱にとどまるものの、そのうち男性の育休取得が約3割と徐々に普及している様子が見てとれました。
 これらのことから、中小企業でも「残業削減」や「有休取得」が順調に進みつつ、さらに育休の活用や副業の拡大など、制度の整備が着実に進み、多様で柔軟な働き方が浸透してきていることが分かりました。一方で、仕事やオフィス環境に関する悩みでは、男女別トイレや休憩室が欲しい、IT化が進まないなど中小企業ならではの悩みも浮き彫りになったことから、今後は中小企業においても、仕事のモチベーションや業務効率の向上を目的とした環境づくりがキーになると考えます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月25日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。