ペットに関する情報や疾患の多様化を背景に、対応領域が拡大する獣医療の研究・開発を推進し、獣医療ならびにその関連領域の発展に貢献するVision Vets Group (VVG) Labを開設。

ペットに関する情報や疾患の多様化を背景に、対応領域が拡大する獣医療の研究・開発を推進し、獣医療ならびにその関連領域の発展に貢献するVision Vets Group (VVG) Labを開設。
[画像: https://prtimes.jp/i/58665/2/resize/d58665-2-195964-0.jpg ]

この度、東京大学名誉教授の中山裕之と佐々木伸雄、同大学特任助教の三輪恭嗣らは、獣医学領域の先進的な研究・開発の推進やその公開等に特化した非営利の組織、Vision Vets Group (VVG) Labを、2020年4月1日に開設しました。

犬や猫などの伴侶動物(ペット)の獣医療は、獣医学の進展や、人とペットとの繋がりが深まり、まさに家族の一員となったこともあって発展してきました。また、これらの動物では、高齢化に伴うガンや生活習慣病も増加しています。一方、最近は犬や猫に加えてエキゾチック動物の飼育が増えるなど、獣医師が対応する領域は大きく拡大しています。

VVG Labでは、おもに以下のテーマについて研究・開発等を行うことで、現場で活躍する獣医師をサポートし、獣医学の先進的・革新的な学術研究や技術の開発を促進し、獣医療の発展に貢献します。


1.動物疾患研究の推進と発信
犬や猫などの伴侶動物(ペット)には前記のガンや生活習慣病だけでなく、多様な疾患があります。最近は獣医学においても専門分野化が進展しており、VVG Labでは、提携または関連動物病院に集積されている動物疾患の症例情報を解析し、その重要性を学術集会における発表や論文の作成を通して社会に発信していきます。一方、動物の疾患には人と共通するものがたくさんあり、その病態解明が人の疾患の研究に役立つことも多いと思われます。住環境中の有害物質により、飼い主より先に動物に影響が現れることもあります。また、人と動物の共通感染症についても、その病態を解明することで貴重な情報を得ることができます。動物の症例情報の解析とその成果の発信は、獣医学だけではなく、人の医学の進展にも大いに役立つのです。VVG Labではこれらに関しても積極的に発信します。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。