土地オーナーと運営事業者をつなぐ独自サブリース「ケアリンクシステム」を業界で初めて障がい者福祉施設向けに拡充

土地オーナーと運営事業者をつなぐ独自サブリース「ケアリンクシステム」を業界で初めて障がい者福祉施設向けに拡充
~運営事業者2社と業務提携~

業界初!パナソニック ホームズ株式会社は、障がい者福祉施設向けにサブリーススキームを拡充。子会社のパナソニック ホームズ不動産株式会社がオーナーから最長30年間土地・建物を一括借上げし、運営事業者にサブリースする独自の「ケアリンクシステム」を展開。これに先立ち、障がい者福祉施設運営事業者、「ソーシャルインクルー株式会社」、「株式会社恵(めぐみ)」と業務提携を締結。

パナソニック ホームズ株式会社は、土地オーナーから土地・建物を子会社のパナソニック ホームズ不動産株式会社が一括借上げし、介護運営事業者にサブリースする独自スキーム「ケアリンクシステム※1」を展開しています。このたび、業界で初めて※2、障がい者福祉施設向けに同スキームを拡充し、最長30年間※3土地オーナーから一括借上げした土地・建物を運営事業者へサブリースします。
これに先立ち、サブリース先の障がい者福祉施設運営事業者2社、「ソーシャルインクルー株式会社※4」、「株式会社恵(めぐみ)※5」と業務提携を締結しました。今後は、建物の建築請負(ハード)と運営事業者(ソフト)を組み合わせた土地活用提案を行うことで、年間20棟の受注(2020年度)を目指します。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22927/2/resize/d22927-2-578889-0.jpg ]

当社は、これまで全国で1,855棟※6の高齢者向施設や医療施設の建築請負実績に加え、高齢者住宅・介護住宅を自社運営してきました。こうした中で得た豊富なノウハウに基づき、「ケアリンクシステム」のサブリース先である介護運営事業者へ経営モニタリングを行い、安定経営をサポートしています。今後は高齢者向施設と同様に社会性の高い事業として障がい者福祉施設についても、土地オーナーへ積極的に土地活用提案を行い、全国の障がい者の方々が安心して暮らせる住まいの提供を推進します。当社としては、こうした事業活動を通じて、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」をはじめとする社会課題の解決に貢献することも目指します。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。