国連WFPタンザニアとの栄養改善プロジェクトにおける協業について

国連WFPタンザニアとの栄養改善プロジェクトにおける協業について
タンザニア中部における栄養事情の改革を目指す

アフリカ最大の小売店プラットフォーム構築を目指すWASSHA(ワッシャ)株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:秋田 智司、以下WASSHA)は、United Nations World Food Programmeタンザニア事務所(本部:ダルエスサラーム、代表:Michael Dunford、以下国連WFPタンザニア)とタンザニア連合共和国における栄養改善プロジェクトに関する協業を開始いたしましたのでお知らせいたします。

■協業の内容について
WASSHAは、ビジネスを通じて社会課題を解決し人々をエンパワーする「Power to the people」をミッションに掲げ、2013年の創業以来、アフリカで事業を展開しています。

東アフリカ市場において、WASSHAは現地の購買行動の起点である小売店(以下キオスク)を活用したプラットフォーム事業に取り組んでおり、最初にローンチした未電化地域向けの電力サービス事業(Energy as a Service事業、以下EaaS事業)では、東アフリカのタンザニアにて、約200名のスタッフ、約2,020店舗(2020年5月現在)のキオスクを介し、自社開発した太陽光充電式のLEDランタンを、所得の安定しない一般消費者にレンタルしています。

国連WFPタンザニア事務所は、タンザニア連合共和国のドドマ州とシンギダ州において、2017年以来、社会的行動を変えるためのコミュニケーション、食料生産の多様化、栄養価の高い食料流通に取り組むことで、3万人の女性と子供が栄養価の高い食料を入手できるようになることを目指したBoresha Lishe*プロジェクトを行ってきました。(注:Boresha Lisheはスワヒリ語で「栄養改善」を意味する)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。