環境や発電設備に配慮した、新洗浄サービス「テクサPVケアフル洗浄サービス(PVCC)」を開始

環境や発電設備に配慮した、新洗浄サービス「テクサPVケアフル洗浄サービス(PVCC)」を開始
安定・継続的な発電と、サステナビリティ向上を目指して(SDGs推進)

弊社(テクサジャパン株式会社)はのO&M経験を生かし、2020年5月に新たなソーラーパネル洗浄の方法を、現場での検証実験を重ねて確立させました。
これまでの洗浄方法は、太陽光発電のクリーンなイメージとは裏腹に、環境を汚染してしまったり、モジュール自身を傷めてしまう方法がほとんどでした。
安定かつ持続可能性を高めるため、現場検証を通して最適な方法を確立しました。

現在のメガソーラーパネル洗浄における課題

■2017年再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法が施行されました。
改正FIT法の最大のポイントは、発電事業計画全体を認定対象とすることに変わった点です。適切な点検・保守を行い、発電量の維持に努めること。定期的な費用・発電量等の報告をすること。系統安定化について適切に発電事業を行うこと。設備の更新または廃棄の際に、不要になった設備を適切に処分すること、など、適切な事業実施(安定・継続的な発電)を確保する仕組みとして、「保守点検及び維持管理」の内容が明確化されました。


■国内に流通しているモジュールメーカーは下記の項目を見解として挙げています。
・高圧洗浄機による洗浄はしない。(フレームの接合部から浸水、ガラス面破損の恐れ。)
・水道水を使用し、地下水は推奨しない。(高ミネラル成分を含むと付着物が残る。)
・高温・低温の水は使用しない。(熱衝撃を与え、破損の恐れがある。)

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。