トワールの顧問に、 九州大学教授 河原 吉伸氏が就任 

トワールの顧問に、 九州大学教授 河原 吉伸氏が就任 
拡大する(全1枚)
機械学習・人工知能研究で活躍する河原氏 最適な教育の創造を科学的にサポート

科学的なデータに基づく教育を支援するWebサービスを展開する株式会社トワール(本社:大阪市北区、代表:浜野裕希、https://nocc.education/、以下トワール)は、九州大学マス・フォア・インダストリ研究所教授 河原 吉伸氏を顧問に迎えましたことをお知らせします。


[画像: https://prtimes.jp/i/13364/8/resize/d13364-8-989275-0.jpg ]


河原氏は、九州大学などの拠点で統計的機械学習の基礎研究とその科学・工学分野への応用などの研究に従事しており、 人工知能学会2011年度文賞、令和2年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 などを受賞しています。 著書の「劣モジュラ最適化と機械学習」(講談社サイエンティフィック)では、機械学習の主要問題への組合せ最適化手法の適用などを詳細に解説するなど、機械学習研究の先駆者として発信を続けています。

トワールは河原氏の参画により、統計的機械学習・人工知能分野からのサポートを得て、学習者、そして教育機関の皆さまの思考力や性格の特性をより正確に測り、データ分析の質を充実させることによって、今後も新しく効果的な教育方法などを生み出すべくより一層の発展に努めてまいります。

河原氏のコメント
機械学習やデータ科学と呼ばれる分野での研究や、大学における教育を行なっています。最近では、ニュースなどでAIという言葉を毎日のように目にするようになりましたが、機械学習はその技術的基盤となる研究分野になります。株式会社トワールでは、生徒の学習過程において取得されるビッグデータを、統計やAIを駆使して解析し、各生徒の進路に必要となる”客観的”な情報を提供するシステムを構築し提供します。このようなシステムは、個々の生徒の学習状況をより正確に、そして客観的に把握することにつながり、「学び」の質を著しく向上することを可能にすると期待しています。私も、機械学習の専門家として、より正確に、そして豊富な情報を提供できるシステムを目指して、技術的なサポートをしていければと考えています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月24日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。