~なりすましによる不正ログインに対応~クラウド型入退室管理システム『ALLIGATE』にて2段階認証機能を追加

~なりすましによる不正ログインに対応~クラウド型入退室管理システム『ALLIGATE』にて2段階認証機能を追加
拡大する(全1枚)
 株式会社アート(神奈川県川崎市、代表取締役社長:関本祥文)は、自社が運営するクラウド型入退室管理システム『ALLIGATE(アリゲイト)』にて、2段階認証機能を追加しました。

 昨今の多様化する働き方や働く場所の変化に伴い、企業においては、より高度なオフィスセキュリティを導入することが重要な課題の1つとなっています。また、新型コロナウィルスの影響で、企業のテレワーク導入が今後もさらに進んでいくことが考えられる中、オフィスと同様のセキュリティを確保することは企業の命題となっています。
 このような中、クラウド型入退室管理システムALLIGATEでは、ALLIGATEのクラウドの管理ツールにおいて2段階認証機能を追加しました。クラウドの管理ツールのログイン時には、2段階の本人確認を行うため、もしもパスワードが漏洩したり、盗難されたりした場合でも、第三者による不正ログインを防止します。

■サービス概要
 この2段階認証機能は、ALLIGATEの管理ツールのAndroid版/iOS版/Webアプリ版に対応しています。また2段階認証の設定については、管理ツールにて有効または無効を選択することができます。有効とした場合、システムのログイン画面で「ユーザーID」「パスワード」を入力すると、SMSで「認証コード」が送信されます。この「認証コード」を入力することでログインが可能となります。本機能により、なりすましによる不正ログインを防止し、より強固なセキュリティシステムとして運用することができます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク