医療業界におけるRPA活用の実績について検証 570床の病院内で、診療ネットワーク環境へのRPA導入により年間約2,453時間の業務時間削減 368万円の費用対効果により、さらなる導入&効果拡大へ期待

医療業界におけるRPA活用の実績について検証 570床の病院内で、診療ネットワーク環境へのRPA導入により年間約2,453時間の業務時間削減 368万円の費用対効果により、さらなる導入&効果拡大へ期待
       
~医療現場の労働環境改善を促進する“ダブル・タスク・シフティング”の発展に向けて~

 RPAで医療従事者の負担軽減、働き方改革の推進と、勤務環境の改善、医療の安全・質の向上を図る、一般社団法人メディカルRPA協会(代表:石黒直樹、以下:メディカルRPA協会)では、医師・看護師を含む医療従事者の、過重労働の現状を解決すべく導入したRPAの効果を検証するために、2018年からRPA導入の取り組みを開始している東京歯科大学市川総合病院へ「医療機関におけるRPA活用に関する実績検証」を行い、年間で約2,453時間の業務時間削減、及び約368万円の費用対効果見込み※という結果が出たことを発表いたします。
※メディカルRPA協会調べ

コロナ禍における医療現場の実態
 コロナ患者による病床の逼迫 、感染を恐れて受診を控える患者の増加による減収、予定入院・予定手術の延期、また医療従事者の減少、希望する人材不足等、今年5月に緊急事態宣言が解除されたあとも影響は大きく、病院や医療現場における問題が表面化してきており、医療従事者一人あたりの業務量が劇的に増加しています。
 また、2020年5月に実施された全国の病院(4,332病院)を対象としたメール調査※によると、病院の外来患者・入院患者共に大幅に減少しており、特に新型コロナウイルス感染患者の入院を受入れた病院では、経営状況の悪化は深刻でした。また、病棟閉鎖せざるをえなかった病院の悪化傾向は顕著で、これらの病院への緊急的な助成がなければ、今後の新型コロナウイルス感染症への適切な対応は不可能となり、地域での医療崩壊が強く危惧されます。

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月29日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。