定額(サブスク)で働き手を介護施設とマッチング 「スケッター」と「むさし介護アカデミー」が人材確保プロジェクト開始

定額(サブスク)で働き手を介護施設とマッチング 「スケッター」と「むさし介護アカデミー」が人材確保プロジェクト開始
拡大する(全1枚)
~介護福祉の潜在的な働き手を確保する『WEST TOKYOプロジェクト』開始~

介護福祉のシェアリングエコノミーサービス「スケッター」と介護福祉の資格の学校「むさし介護アカデミー」は11月9日、働き手と介護施設をマッチングするサブスクリプション(定額)サービスを開始。

介護福祉のシェアリングエコノミーサービス「スケッター」と介護福祉の資格の学校「むさし介護アカデミー」は11月9日、働き手と介護施設をマッチングするサブスクリプション(定額)サービスを開始しました。
東京西部エリアで介護福祉の潜在的な働き手を発掘・確保する『WEST TOKYOプロジェクト』として、働き手を受け入れる介護福祉事業所を2021年1月1日~2021年12月31日まで募集します。

●スケッターとは?

介護福祉領域に関わる人(関係人口)を増やすことを目的に、2019年にリリースされたWebサービスで、未経験者や資格のない方でも自分のできること(身体介助以外)で福祉に関われるのが特徴の体験型シェアリングエコノミーです。
登録者の6割以上がこれまで介護福祉領域に関わったことのない異業種で、外からの参加者を増やし続けています。学生や20~30代の登録者が多く、「関心はあるけど、関わるきっかけや手段がなかった」関心層を惹きつけており、異業種からの転職も数多く誕生しています。現在の登録者は約1800人。

スケッター▼
https://www.sketter.jp
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク