文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!京都科学らと共同で3カ年の実証事業がスタート

文科省事業に看護師教育VRプロジェクトが採択!京都科学らと共同で3カ年の実証事業がスタート
       
~病院での現場経験が積めない時代、VR臨床実習が学生の学びを変える!~

 株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)と、医療・介護教育シミュレータを製造販売する株式会社京都科学(京都府京都市、代表取締役社長:高山俊之、以下 京都科学)が共同で開発している「看護師教育VR」事業が、この度文部科学省の「令和2年度専修学校における先端技術利活用実証研究」(※1)に、採択されたことを発表いたします。
※1:専修学校における職業人材の養成機能を強化・充実するため、VR・AR等の先端技術の活用方策について実証・研究する事業。文部科学省 採択結果:https://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/1418823_00002.htm
 本事業では、実習機会や学習時間が減少している看護師の育成環境構築を目的に京都科学と共にVR教材を開発し、全国の看護系専修学校にて実証・検証を行います。

[画像1: https://prtimes.jp/i/20924/106/resize/d20924-106-200591-0.jpg ]

■進む高齢化で必要性が高まる看護師の育成、コロナで臨床実習がストップ
 厚生労働省は2019年に看護職員(看護師、准看護師、保健師、助産師)が、2025年までに27万人不足するとの推計を発表しました。また2025年は、団塊の世代が75歳に達し、後期高齢者人口が約2,200万人と急増し、国民の4人に1人が75歳以上になるといわれています。看護職員の必要性は、高齢化に伴って高まる一方です。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月16日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。