ブランディアが推進するSDGsの取り組み「#廃棄0プロジェクト」大妻女子大学 家政学部被服学科 染色デザイン研究室と連携

ブランディアが推進するSDGsの取り組み「#廃棄0プロジェクト」大妻女子大学 家政学部被服学科 染色デザイン研究室と連携
ー 伝統と最新手法を織り交ぜた5つの手法による廃棄衣料のアップサイクルに挑戦 ー

BEENOS株式会社(東証一部 3328)の連結子会社で、モノを通じて人と人とをつなぐ「ブランディア」を運営する株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2030年までに「ブランディア」のサービスから出る「廃棄0」を目指す「廃棄0プロジェクト」の第5弾として、廃棄衣料を大妻女子大学 家政学部被服学科 染色デザイン研究室に無償提供し、伝統染色やデジタル染色などを用いた5つの手法でアップサイクルする「ブランディア×大妻女子大学 家政学部被服学科 染色デザイン研究室コラボ #廃棄0プロジェクト」を2020年12月22日(火)より開始いたします。この取り組みの様子はブランディア特設ページやSNSで随時報告して参ります。

[画像1: https://prtimes.jp/i/54472/39/resize/d54472-39-438486-0.jpg ]


◆「ブランディア×大妻女子大学コラボ#廃棄0プロジェクト」の背景
当社ではSDGsの取り組みとして、2020年4月より、宅配買取サービス「ブランディア」にてお値段がつけられず、廃棄せざるを得なかった衣料に素材としての価値を見出し、廃棄を削減していく「廃棄0プロジェクト」を開始しました。これまでに、廃棄衣料を使った店舗ノベルティの作成、ハンドメイド素材としての無償提供、金沢文化服装学院による7着のドレスの制作企画、プロテニスプレーヤーとのタイダイ染企画など、リメイクやアップサイクルを通して形を変え、新たなデザインを施すことで廃棄衣料に新しい価値を見出す試みを行っています。大妻女子大学家政学部被服学科 染色デザイン研究室との取り組みは、金沢文化服装学院に続く教育機関との連携の第2弾となります。アパレルの未来を担う学生のみなさんに廃棄衣料をご活用いただき、身近な衣料の廃棄について考え、新しい価値を見出すきっかけを創出できればと思っております。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月22日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。