Slack向け翻訳アプリKiaraの(株)キアラ、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏が戦略顧問として参画し世界戦略を加速

Slack向け翻訳アプリKiaraの(株)キアラ、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏が戦略顧問として参画し世界戦略を加速
拡大する(全1枚)
Slack翻訳アプリKiaraを販売する(株)キアラに、元三菱UFJ銀行 代表取締役専務 長田忠千代氏が戦略顧問として参画。世界市場でのシェア拡大に向けた販売戦略と財務戦略を加速させます。

100ヶ国語対応のSlack向けリアルタイム翻訳アプリ「Kiara(読み:キアラ)」を販売する株式会社キアラ(所在地 : 東京都渋谷区、 代表取締役 : 石井大輔)は、 マルタスインベストメント株式会社とバンカーズ・ホールデイング株式会社 代表取締役会長であり、元三菱UFJ銀行 代表取締役 専務 長田忠千代氏を戦略顧問に招き入れました。世界市場シェア獲得の鍵となる販路営業と財務戦略で、今後長田氏の知見・ネットワークをフルに活用し成長に活かしてまいります。


[画像: https://prtimes.jp/i/27325/9/resize/d27325-9-726281-0.png ]

【長田 忠千代 氏 参画の背景】
Q なぜキアラ社に参画いただきましたか?

A
製品のわかりやすさと、最終ゴールの大きさに共感しました。職場のコミュニケーションは、コロナ禍のリモートワークで大きく変わりました。Kiaraはそこの一つ一つの非効率に着目し、AIで効率化を実装する計画です。開発や営業など”より結果を出すための補助輪としてのコミュニケーションAI市場”は数億人規模であり、大きいと思います。
また、石井社長は海外の経験もあり、NYへの上場という大きな目標も具体的なステップの計画や人脈があります。私のグローバルな知見もしっかり活かせると思いました。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月1日のリリース記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。