京都銀行がBEDORE Conversationの導入を決定、社内・社外の問い合わせ自動化を年内リリースし、営業の生産性向上と顧客接点の変革を狙う

京都銀行がBEDORE Conversationの導入を決定、社内・社外の問い合わせ自動化を年内リリースし、営業の生産性向上と顧客接点の変革を狙う
拡大する(全1枚)
株式会社BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役:下村 勇介、親会社:株式会社PKSHA Technology、以下BEDORE)が提供する対話エンジン「BEDORE(べドア) Conversation」が、2021年6月から株式会社京都銀行(本店:京都府京都市、取締役頭取:土井 伸宏、以下京都銀行)に導入されることが決定しました。京都銀行の社内外で発生する問い合わせの自動化対応を開始いたします。

◆月間数万件の営業店からの問い合わせ、そのニーズに応えるために
 京都銀行では国内外に192の拠点を設け、広域型地方銀行としてそのマーケットポジションを確立してきました。2020年に発表した第7次中長期経営計画「Phase Change 2020」では、今後3年間において、その強みを最大限に活かし、営業力強化やデジタル化の推進に取り組まれています。
 これにより、きめ細やかな営業体制が実現する一方新たな商品やサービスが増えたことで、営業店から関連部署への社内問い合わせが多く発生し、月間数万件以上の問い合わせを受ける状況となっていました。
営業力のさらなる強化のため、迅速に問い合わせ応対を続けることは必須でしたが、部署における主務の傍らで対応できる件数、時間には限界がありました。
 そこで京都銀行が注目したのが、中長期計画の柱の一つであった「デジタル戦略 ~対面サービスとデジタルサービスのベストミックス~」に則した自動応答チャットボットの導入検討でした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク