【採用担当者のホンネ調査】「新型コロナの中途採用への影響」について調査を実施 コロナ禍においても約7割が採用意欲は変わらず、選考基準も変化なし

【採用担当者のホンネ調査】「新型コロナの中途採用への影響」について調査を実施 コロナ禍においても約7割が採用意欲は変わらず、選考基準も変化なし
拡大する(全1枚)
選考形式はオンライン化へシフトチェンジする企業が目立った

総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の企業の採用担当者231人を対象に、【新型コロナの中途採用への影響】についてアンケート調査を行いました。

■コロナ禍においても68.8%が「採用意欲は変わらない」と回答

[画像1: https://prtimes.jp/i/39106/92/resize/d39106-92-941434-0.png ]

 新型コロナによる度重なる緊急事態宣言で休業を余儀なくされた業種もあり、一時採用を見合わせる企業も数多くありましたが、ここ最近ではテレワークの導入や新しい生活様式の浸透、徐々に進み始めたワクチン接種などによって、社会の状況は変化しています。そんな中で採用を続けている企業の採用意欲はどのような変化があったのでしょうか。新型コロナが中途採用にどのような影響を与えているのか、全国の採用担当者231人に調査を行いました。


 対象者に新型コロナの影響で採用意欲に変化はあったか聞いたところ、「変わらない」と回答した人が68.8%と大多数を占め、「採用意欲が上がった」が17.3%、「採用意欲が下がった」が13.9%という結果となりました。採用意欲は変わらないと回答した採用担当者に理由を聞いてみると「事業に新型コロナの影響がなかったため」(システム開発・情報通信)など、そもそも業績に大きな影響がないという意見と、「長期計画通り採用を進めている」(人材サービス)、「営業実績に新型コロナの影響はあるが、人員補充が必要なため」(WEBサービス・広告・コンテンツ制作)、「通年の人材不足」(製造)など、状況に関わらず今後の事業戦略において継続的な人員募集が必要、慢性的な人手不足の課題を抱えているからという意見が目立ちました。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク