建設用フィルムの世界市場規模、2026年に129億米ドル到達予測

建設用フィルムの世界市場規模、2026年に129億米ドル到達予測
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「建設用フィルムの世界市場 (~2026年):タイプ (LDPE&LLDPE・HDPE・PP・PVC・PVB・PET/ BOPET・PA /BOPA・PVC・PVB)・用途 (保護&バリア・装飾)・エンドユーザー (住宅・商業・工業・土木工学)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月15日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1006542-construction-films-market-by-type-ldpe-lldpe-hdpe.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/150/resize/d71640-150-12ac4efa5df3acb050c0-0.png ]


建築用フィルムは、蒸気バリアー、UV耐性、音響特性、防眩性、耐久性、高強度を必要とする用途に使用されます。建築用のプラスチックフィルムは、さまざまな種類のポリマーを使用して製造されています。 建設用フィルムの市場規模は、2020年の99億米ドルからCAGR4.0%で成長し、2026年には129億米ドルに達すると予測されています。インドや中国など、発展途上国からの需要の増加や、主要なコンストラクションフィルムメーカーによる生産能力の拡大が、今後の市場の成長を牽引すると予想されます。一方、工場の閉鎖、サプライチェーンの中断、最終用途産業からの需要の減少は、建設用フィルム市場にマイナスの影響を与えています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク