アレルギー免疫療法市場、2026年に41億米ドル規模到達見込み

アレルギー免疫療法市場、2026年に41億米ドル規模到達見込み
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「アレルギー免疫療法の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を7月16日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc988340-allergy-immunotherapies-market-global-industry.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/187/resize/d71640-187-47d209b297948768d883-0.jpg ]


市場の概要
アレルギー免疫療法市場は、2020年に23億米ドルの価値に達しました。2026年には41億米ドルの市場規模に達すると予測されています。
アレルギー免疫療法は、減感作または低感作とも呼ばれ、様々な食品、薬剤、蜂毒、草花粉、ハウスダストダニなどのアレルゲンに対するアレルギー反応の予防医学的治療法です。この治療法は、アレルゲンの量を徐々に増やすことで、免疫系の反応を変化させます。治療を開始する前に、アレルギー専門医と患者は、アレルギー症状の引き金となる要因を分析し、アレルゲンを確認するために皮膚や血液の検査を行うこともあります。アレルギー免疫療法は、炎症を抑え、長期的な効果をもたらし、免疫寛容を高め、病気の経過を変え、患者の生活の質を向上させるのに役立ちます。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク