農業用IoTの市場規模、2026年に181億米ドル到達予測

農業用IoTの市場規模、2026年に181億米ドル到達予測
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「0の世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):ハードウェア・用途 (精密農業・精密林業・精密畜産・精密水産養殖・スマート温室)・農場規模・生産段階・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を7月28日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1009802-agriculture-iot-market-covid-impact-analysis-by.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/290/resize/d71640-290-14de89c8104228e5692d-0.png ]


農業用IoTの市場規模は、2021年の114億米ドルからCAGR9.8%で成長し、2026年には181億米ドルに達すると予測されています。農業用IoT市場の成長は、農家や生産者によるモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)の導入の増加、家畜のモニタリングや病気の検出への関心の高まり、生鮮食品の需要の高さ、人口増加、耕作地の減少、発展途上国での水産養殖のモニタリングや飼料の最適化装置の導入の急増、精密農業の実践に対する政府の強力な支援などの要因によってもたらされています。

誘導システム、可変レート技術、IoT、AI、リモートセンシングなどの先進技術の登場により、農業は豊富なデータを利用した産業へと劇的な変化をとげています。スマート農業技術は、収益性の向上、持続可能性の向上、環境の保護、水や肥料、エネルギーなどの資源の省力化を支援します。IoTは、精密農業、家畜のモニタリング、精密水産養殖、スマート温室など、さまざまなアプリケーションに導入されています。

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

総合ランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク